POS LIFE

# 3

一般事務 satochi.247.top

更新日 :
使用モデル :
ORCC21

きっかけは1枚の風景写真

たまたま見た風景の中に佇むビンテージロードバイクの美しさに惹かれて。ちょうどインスタグラムを始めた頃だったので「#ロードバイク」のタグから色んな自転車を見に行っていました。そのうち見るだけでは物足りなくなり自分も乗ってみたいとサイクルショップへ。試乗を勧められ恐る恐るサドルに跨り走り出した瞬間からコレ楽しい!と。その時の感動は今でも鮮明に覚えています。

自転車を選ぶ際にこだわったポイント

細身でホリゾンタル。
見た目が美しい自転車に乗りたい!その想いを叶えてくれるのが金属フレームでした。
既に所有している自転車はクラシカルな雰囲気のクロモリ。
たまには気分を変えてレーシーなものに乗るのも楽しいんじゃないかな、、、そんな気持ちでPanasonicのORCC21を選びました。

パナソニックを選んだ理由

背の低い女性用に作られたフレームはそのほとんどがスローピングしたもの。
既製品でホリゾンタルなものを見つけるのは難しい。
でもPanasonicなら独自のPOSシステムで女性でもホリゾンタルに近いフレームに乗れる。
しかも色やデザインまで自分好みに出来る。
だからPanasonicを選びました。

自転車との付き合い方

季節の移り変わりや自然の美しさを自分の肌で感じられるのが自転車の魅力のひとつだと思っています。
何となく疲れていても気分が落ちていても走り出して景色がどんどん流れていくのを見ると心も身体も軽くなる気がする。
自転車は自分の中のON/OFFスイッチなのかもしれません。
これからもいろんな景色を自転車に乗って見に行きたい。

愛車のカスタムポイント

今回、自分の中でのテーマはクラシカルでレーシング!!
コンポは悩みましたが、やはりフレームへのマッチングや注文の手軽さ、第一に性能面を優先しメーカー標準のUltegraをベースにしようと決めました。
まだまだ途中段階ですが、フレームデザインをシンプルにした分、パーツやアクセサリーで雰囲気を変えて楽しもうと思っています。中でもホイールは自転車全体の雰囲気に大きく影響する部分。コンポがシマノなのでとても悩みましたが、カンパのディープホイールを履かせて男っぽい仕上がりにしてみました。すごく気に入っています。

今後はバーテープや小物で女性らしさも加えていこうと思います。

使用したモデル

Road ORCC21

ORCC21は一見クラシカルなバイクに見えるが十分にレースで闘えるスチールバイクだ。クロムモリブデン鋼にニッケルを加えることで粘りを持たせたニッケルクロモリチュービング。この粘りは時に硬く感じるかもしれないが、薄肉化することでしなりを持たせ、絶妙なバネ感を発揮する。また、安定感と振動吸収に優れたオーバーサイズステムのオリジナルカーボンモノコックフォークを採用。フレームセットでは電動シフター・シマノDi2専用フレームが選択可能。クロモリ特有の乗り味と率直な操作性を体感していただきたい。

DIGITAL SIMULATOR あなたのためだけのオーダーバイク

ステップに沿ってサイズやパーツを選ぶ「カスタムオーダー」と1mm刻みのサイズ、細かな角度を指定する「フレームフルオーダー」で最適な自転車フィッティングをあなたに

シミュレーションする

satochi.247.top さとち

さとち
kobe,Japan
2015年7月 roadbike始めました