組立説明書

パナソニック自転車・アクセサリーの組立説明書をご覧いただけます。

組立説明書ご利用条件

本ウェブサイトによる組立説明書※1をご覧になる前に、以下の「ご利用の条件」にご同意いただいた上で、ご利用ください。
なお、この組立説明書は、当社が販売した商品の組み立てに関する説明、安全上のご注意を記載しており、弊社(パナソニックサイクルテック株式会社)とご契約を頂いているご販売店様および修理代行店様向けのもので、一般のお客様向けのものではありません。
(※1 PDFファイルです。比較的ファイル容量が大きいのでご注意ください。)

本ダウンロードサービスの内容

  1. パナソニック株式会社の許可なく本ウェブサイトに公開されている組立説明書の内容の一部、または全部を複製、改変したり、送信したりすることはできません。
  2. 本ウェブサイトでは、当社が発売した全ての機種の組立説明書は公開しておりません。

組立説明書の内容

  1. 本ウェブサイトに公開されている組立説明書は、原則として商品が発売された当初のものを掲載しています。また、本ウェブサイトに公開されている組立説明書の記載内容と、ご販売店様または修理代行店様が組み立てる商品の仕様がその後のマイナーチェンジにより、異なる場合があります。
  2. 組立説明書が改訂されている場合、当社の選択により、予告なく、発売当初のものに代えて、改訂版を本ウェブサイトに掲載する場合もあります。ただし、本ウェブサイトに公開されている組立説明書は、変更の度に修正・更新するものではありません。

安全上のご注意

  1. 自転車安全整備士、自転車技士(自転車組立整備士)、もしくは同等の技術を有する方が、組み立て・点検・整備を行ってください。
  2. 組立てにご利用の際は、商品とともに提供いたしております組立説明書の冊子をご利用いただき、本ウェブサイトに掲載した組立説明書は、型式や品番をお確かめの上ご参考用としてご利用いただきますようにお願いいたします。
  3. 組立説明書をよくお読みのうえ、正しく組み立ててください。特に組立説明書に記載の「安全上のご注意」は、組み立て前に必ずお読みください。組立説明書に記載されていない方法や、指定の部品を使用しないで組み立てされたことにより事故や損害が生じたときには、当社では責任を負えません。また、その組み立てが原因で故障が生じた場合は、製品保証の対象外となります。詳しくは、ご販売店様および修理代行店様と当社の契約書をご確認ください。
  4. 組立説明書中に記載する安全上のご注意は、法的規制などの変化に応じて変更する場合があります。

本ウェブサイトのサービスに係わる損害の免責

本ウェブサイトのサービスの利用、または利用できなかったことにより万一損害(データの破損・業務の中断・営業情報の損失などによる損害を含む)が生じ、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについてあらかじめ知らされた場合でも、当社は一切責任を負いませんことをご了承ください。
組立説明書のダウンロードには別途通信料がかかり、ご販売店様または修理代行店様のご負担となります。

本ウェブサイトのサービスの中止、変更など

本ウェブサイトのサービスは予告なく中止、または内容や条件を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 試乗会情報を見る
  • 近くの販売店を探す
  • カタログについて

安全にお使いいただくために

自転車は2輪で走る手軽な乗り物ですが、乗り方や整備状況によって怪我や事故につながる恐れがあります。
安全にご使用いただくために、ぜひ次の事項をお守りください。

●正しい乗り方をしてください

  • ・2人乗りはしないでください。法律で禁止されています。(同乗させることのできるのは6歳未満の幼児1人。)
  • ・リヤキャリヤ(荷台)には積載制限があります、特にお子様の同乗にはご注意ください。
  • ・お子様を同乗させるときは幼児用ヘルメットを必ず着用させてください。
  • ・リヤキャリヤにチャイルドシートを取付ける場合、運転に支障のない範囲でできるだけ前寄りに取付けてください。
    (重心が後寄りになると後方へ転倒する場合があります。)
  • ・リヤキャリヤにチャイルドシートを取付ける場合、防護カバーの付いたものをお選び頂き、運転に支障のない範囲でできるだけ前寄りに取付けてください。(重心が後寄りになると後方へ転倒する場合があります。)
    併せて安全の為、ドレスガードを必ず取り付けてください。
    幼児用座席を取付ける場合は自転車産業振興協会のHPもご覧ください

●日常の点検を励行してくださいチェックポイント

  • ・乗る前に空気圧、ブレーキの効き、各部のガタ・ゆるみなどを点検しましょう。
  • ・異常や擦り減った部品を見つけたら、直ちに販売店に修理をご依頼ください。
  • ・前輪やフロントサスペンションフォークは、ハンドル部を持ち車輪を浮かせて、手で上から車輪(タイヤ)を強くたたいても、がたつきなどの異常がないが点検しましょう。

●6ヶ月から1年ごとに定期点検をお受けください

  • ・定期点検を受けないと異常や故障の発見が遅れ、事故の原因になります。
  • ・ブレーキワイヤや変速ワイヤは異常がなくても2年ごとの交換が必要です。
  • ・擦り減ったブレーキシュー、タイヤでの走行は危険です。

●異常を感じたら点検をお受けください

  • ・転倒などで強い衝撃を受けた時や、部品のガタツキやゆるみ・変形・異音などを感じたときはすぐに点検をお受けください。

●取扱説明書をお読みください

  • ・ご使用前に取扱説明書記載の『安全上のご注意』をよくお読みいただき、必ずお守りください。
    ※長期間(10年以上)ご使用になると多くの部品に傷みが生じ、交換や整備が必要になります。安全面からも費用的にも買い替えをお奨めします。

●使用目的に合った車をお選びください

  • ・販売店にご相談し、乗車経験や目的に合ったものをお求めください。

●より身体にあった車をお選びください

  • ・表示している適応身長は目安であり、個人差により多少乗車可能範囲に差がでます。

補修用性能部品の保有期間

電動アシスト自転車:8年 一般自転車:6年

当社は、この(電動アシスト)自転車の補修用性能部品(製品の機能を維持するために必要な部品)を、製造打ち切り後、上記年数保有しています。