よくあるご質問

パナソニックの自転車について、みなさまよりいただくご質問とご回答をご紹介します




電動アシスト自転車について

満充電だったはずなのに残量がひとつも表示しない

保護回路(スリープ機能)がはたらいているかもしれません。



スリープ状態の場合は、自転車の電源は入らないことのほか、バッテリー残量も表示されなくなります。 そのような場合は、充電器にセットしわずかでも充電を開始していただければリセットされます。


■保護回路(スリープ機能)とは

バッテリーは空の状態が長く続くと傷んで(劣化して)しまいます。
そのためバッテリー残量が一定以下の状態で一定期間使用されない状態を検知すると、残量が0%になること(さらに深放電になること)を防ぐためにはたらく保護機能で、冬眠のような状態になることを言います。

    現時点のバッテリー性能(バッテリーの容量や劣化状態)によってスリープ機能が働くまでの時間は異なります。


万が一お客様のバッテリーが残量確認ボタンを押下しても残量を表示しないようであれば、一度充電器にセットし再度お試しください。 それでも改善のない場合はバッテリーの故障・寿命等トラブルの可能性がありますので、販売店にご相談ください。


<<参考情報>>